低用量ピル処方

低用量ピル(OC)は、女性自身が妊娠と生理をコントロールできる経口避妊薬。

生理の悩みや不満を相談してみませんか。女性が美しく前向きに過ごすためのお手伝いをさせていただきます

低用量ピルとは

低用量ピル(OC)には、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)といった2種類の女性ホルモンが含まれており、毎日1回服用することで排卵を抑制します。ピルに含まれるホルモンは内服後に代謝・分解され、体内に蓄積するものではありません。
正しく服用すれば避妊の効果が99%以上あり、コンドームや緊急避妊薬よりも避妊効果が高く、生理痛や、月経前症候群(PMS)などにも効果があります。女性が美しく前向きに過ごすためのサポートをし、QOL(Quality of Life = 生活の質)を向上させ、生理に惑わされず、快適な生活を送る手助けをしてくれるお薬です。

  • 生理痛に悩まされている
  • 生理不順
  • PMS(月経前症候群)がつらい
  • 生理前後に肌荒れする
  • 生理周期を安定させたい
  • 避妊目的

特徴

Features of treatment

低用量ピルのメリット

・生理痛の軽減や出血量の減少
・生理不順の改善
・PMS(月経前症候群)の軽減
・ホルモンバランスが原因による、にきびや肌荒れの改善
・子宮内膜症の予防と改善
・卵巣がん、子宮体がんの予防
・大腸がんの発生リスク低下

低用量ピルの副作用

ピルの服用初期に、身体がピルに慣れていないこともあり、軽度の副作用が起こる場合があります。
・不正出血 
・頭痛 
・胸の張り 
・吐き気 
・気分不良 
・下腹部痛 
・むくみ  
など
身体が慣れるまでの一時的なものとなり、多くとも2~3シートでおさまることがほとんどです。
副作用が気になる場合は、お気軽にご相談ください。


低用量ピル服用時の注意事項

ピルの服用で血栓症のリスクが少し上がります。
※血栓とは血管の中でできる血液の塊で、脳梗塞や心筋梗塞の原因になることもあります。

血栓のリスク
服用なし:1万人あたり1~5人
低用量ピル:1万人あたり3~9人
妊娠中:1万人あたり5~20人
分娩後12週まで:1万人あたり40~65人

ピルを服用しない場合でも上記のように血栓症になる可能性はあります。
頭痛や息苦しさ、ふくらはぎの痛みや腫れがあればすぐ病院を受診しましょう!
また、長時間同じ体勢をとることや、水分を十分に摂取せずに脱水状態になること、疲労やストレスが溜まってしまったことから、血栓症が引き起こされることも多いので気を付けましょう。

料金メニュー

Price

ファボワール 28錠タイプ〈一相性〉
1シート 2,750円(税抜価格2,500円)

※価格はすべて自費診療価格になります。初回は1シートのみ処方。

処方の流れ


カウンセリング予約・来院・受付

カウンセリング、医師による問診

低用量ピル処方
当院では、内診、血液検査等は行いません。
継続してピルを服用される方は、半年に1回または1年に1回は血液検査をする事を推奨いたします。

※医師の判断により処方できない場合もあります。

よくあるご質問

FAQs

ピルを服用する時間に決まりはありますか?
特に決まりはありませんが、毎日同じ時間帯での服用をお願いしております。
毎日同じであれば、服用時間は朝昼夜いつでも構いません。
飲み忘れてしまった場合はどのようにすればいいですか?
1錠飲み忘れた場合:気付いたタイミングですぐ1錠服用し、その日の錠剤はいつも通りの時間に服用してください。
2錠飲み忘れた場合:ピルの服用を中止し、次の生理を待って新しいシートで再び服用を開始してください。
飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなりますので、その周期は他の避妊方法を使用してください。
不安な場合は、婦人科に相談してください。
ピルを服用している期間も飲酒は可能でしょうか?
可能ですが、飲み始めはホルモンバランスが変わる為体調に変化が出る場合もありますので、注意が必要です。
吐き気がある場合は、吐いてしまうと効果がなくなるので気分が落ち着いてからにしてください。
また、下痢が続く場合も効果が弱まる場合があります。
将来不妊につながりますか?
ピルを服用することで、妊娠への確率は変わりません。
いつから避妊効果がありますか?
飲み始めてから5~7日で避妊効果がでてくると言われています。
ピルを飲んでいれば性交渉の際の避妊(コンドーム)は不要でしょうか。
必要です。ピル服用中は避妊効果がありますが、性感染症のリスクは防げません。性交渉の際はコンドームを使用してください。
ピル服用中に出血しました。ピルの服用はすぐにやめるべきですか?
偽薬を服用している際の出血は問題ございませんが、出血が長く続く場合は婦人科に相談してください。
保険適用ですか?
保険適用ではなく、自費診療です。
何カ月分処方してもらえますか。まとめ買いできますか。
初回は1シートのみ。2回目以降は3シート分まで処方可能です。
次に来院するタイミングはいつですか。
ピルを飲み始め、1週間後以降にご来院ください。
喫煙者はなぜ服用できないのでしょうか。
喫煙者の方は血栓ができやすい体質になっていますので、ミュゼクリニックでは処方できかねます。
禁煙すれば可能な場合もありますのでご相談ください。

低用量ピルを服用できない方

●BMI30以上の方

●喫煙者の方

●40歳以上の方

●ひどい片頭痛がある方

●乳がん、子宮体がんの既往歴がある方

●高血圧の方

●重い持病のある方

●静脈血栓症などの病気にかかったことがある方

●妊娠中、出産後6週間以内の方

●授乳中の方

●原因不明の不正性器出血がある方